ブルーオーシャン戦略の全て:成功の秘訣と実践例から学ぶ、未来のビジネス戦略

ブルーオーシャン戦略とは、競争の激しい既存市場(レッドオーシャン)から離れ、新たな価値を創造し競争がない市場(ブルーオーシャン)を開拓する戦略のことを指します。この戦略は、競争を避けて高い利益率を実現し、独自性を確立することで持続可能な成長を目指すという特徴があります。しかし、新たな市場を開拓することは高いリスクを伴い、成功の保証はありません。AppleのiPodやサーカス・デ・ソレイユ、ネスプレッソなど、ブルーオーシャン戦略を成功させた事例も存在します。成功のためには、顧客のニーズを理解し、独自の価値提案を作り出し、実行力を持つことが重要です。

ブルーオーシャン戦略とは

ブルーオーシャン戦略とは、競争が存在しない新たな市場を創出し、そこで独自の価値を提供することにより、高い利益を実現するビジネス戦略のことを指します。この概念は、W.チャン・キムとレネ・モボルニュによる著書『ブルーオーシャン戦略』で初めて提唱されました[^^]。

概念の定義

ブルーオーシャン戦略は、競争の激しい既存の市場(レッドオーシャン)から離れ、競争がない新たな市場(ブルーオーシャン)を創出することを目指します。ここでの「ブルーオーシャン」は、未開拓で競争がない市場を象徴的に表現したもので、新たな価値創造とイノベーションにより、顧客にとって魅力的な商品やサービスを提供します。

レッドオーシャンとの違い

レッドオーシャンとは、既存の市場のことを指し、ここでは競争が激しく、価格競争やマーケットシェアの奪い合いが行われます。一方、ブルーオーシャンは、競争が存在しない新たな市場を創出することで、競争を避け、高い利益を実現します。これは、新たな価値を創造し、顧客のニーズを満たすことにより、競争を超える戦略と言えます。

ブルーオーシャン戦略は、新たな市場を創出することで、競争から解放され、自社のビジネスを成長させることが可能です。しかし、新たな市場を創出するためには、従来のビジネスモデルや思考を見直し、イノベーションを起こす必要があります。

[^^]: W.チャン・キム、レネ・モボルニュ『ブルーオーシャン戦略』ハーバード・ビジネス・スクール・プレス,

ブルーオーシャン戦略の特徴

ブルーオーシャン戦略は、競争の激しい市場(レッドオーシャン)から離れ、新たな市場(ブルーオーシャン)を創出することを目指す戦略です。その特徴は主に以下のつに分けられます。

競争を避ける

ブルーオーシャン戦略の最大の特徴は、競争を避けることです。従来の競争戦略(レッドオーシャン戦略)では、既存の市場で競争相手と戦い、シェアを奪い合うことが主な目的でした。しかし、ブルーオーシャン戦略では、競争相手がいない新たな市場を創出し、そこで独自の価値を提供することを目指します。これにより、競争から解放され、自社のビジネスを自由に展開することが可能になります。

新たな価値を創造する

ブルーオーシャン戦略では、新たな価値の創造が重要です。これは、新たな市場を創出するためには、従来の市場や商品では満たされていない顧客のニーズを満たす新たな価値を提供する必要があるからです。この新たな価値の創造は、製品やサービスの革新だけでなく、ビジネスモデルやマーケティング戦略の革新によっても実現できます。

顧客の視点を重視する

ブルーオーシャン戦略では、顧客の視点を重視します。新たな価値を創造するためには、顧客のニーズや欲求を深く理解し、それに基づいた製品やサービスを開発する必要があります。そのため、ブルーオーシャン戦略を成功させるためには、顧客の視点からビジネスを考えることが不可欠です。

これらの特徴を持つブルーオーシャン戦略は、競争が激しい市場で差別化を図るだけでなく、新たな市場を創出し、持続的な成長を達成するための有効な手段となります。

ブルーオーシャン戦略のメリット

ブルーオーシャン戦略には、以下のようなメリットがあります。

高い利益率

ブルーオーシャン戦略は、競争が少ない新たな市場を開拓することを目指します。そのため、成功すれば競争による価格競争が少なく、高い利益率を確保することが可能です。例えば、AppleのiPhoneはスマートフォン市場を革新し、高い利益率を維持しています[^^]。

独自性の確立

ブルーオーシャン戦略を用いると、独自の価値提案を通じてブランドの独自性を確立することができます。これにより、顧客のロイヤルティを獲得し、長期的なビジネスの安定性を確保することが可能となります。例えば、スターバックスは、ただのコーヒーショップから「第三の場所」を提供するという独自の価値提案を通じて、独自性を確立しました[^^]。

持続可能な成長

ブルーオーシャン戦略は、新たな市場を創出することで、持続可能な成長を達成することが可能です。新たな市場は、既存の市場が飽和状態になったときに、新たな成長の機会を提供します。例えば、Amazonは、オンライン書籍販売から始まり、電子書籍、クラウドサービス、映画制作など、新たな市場を次々と開拓して持続的な成長を達成しています[^^]。

以上のように、ブルーオーシャン戦略は、高い利益率、独自性の確立、持続可能な成長というメリットを提供します。しかし、新たな市場を開拓するためのリスクもあるため、戦略の策定と実行には慎重さが求められます。

[^^]: “Apple’s Profit Margin”, Investopedia, https://www.investopedia.com/ask/answers//what-apples-profit-margin.asp

[^^]: “How Starbucks Became the Apple of Coffee”, Harvard Business Review, https://hbr.org///how-starbucks-became-the-apple

[^^]: “Amazon’s Growth Strategy: How to Run a Strategy Like Jeff Bezos”, FourWeekMBA, https://fourweekmba.com/amazon-growth-strategy/

ブルーオーシャン戦略のデメリット

ブルーオーシャン戦略は、新たな市場を創出し、競争を避けることで高い利益を得ることを目指す戦略です。しかし、その一方で、いくつかのデメリットも存在します。

高いリスク

ブルーオーシャン戦略は、新たな市場を創出することを目指すため、その過程で大きな投資が必要となることが多いです。新製品の開発、新サービスの提供、新たなビジネスモデルの構築など、これらはすべて高いコストと時間を伴います。また、新たな市場が成功する保証はありません。したがって、投資が回収できないリスクを伴います。

成功の保証がない

ブルーオーシャン戦略は、新たな市場を創出することを目指しますが、その成功は保証されていません。新たな市場が受け入れられるかどうかは、消費者の反応や市場環境、競合他社の動向など、多くの要素に左右されます。そのため、成功するまでには時間がかかることもありますし、最悪の場合、失敗に終わる可能性もあります。

マーケットの予測困難

ブルーオーシャン戦略を実行するには、未来の市場を予測する必要があります。しかし、未来の市場を正確に予測することは非常に困難です。市場の動向は、技術の進歩、社会の変化、政策の変更など、多くの要素に影響を受けます。これらの要素をすべて考慮に入れて市場を予測することは、非常に難しい課題です。

以上のように、ブルーオーシャン戦略は高いリスクを伴い、成功の保証がなく、市場の予測が困難であるというデメリットがあります。しかし、これらのリスクを理解し、適切な対策を講じることで、ブルーオーシャン戦略は大きな成功をもたらす可能性があります。

ブルーオーシャン戦略の実践例

ブルーオーシャン戦略の理論は抽象的なものであるため、具体的な事例を通じて理解を深めることが有効です。以下に、ブルーオーシャン戦略を成功させた企業の例をつ紹介します。

AppleのiPod

Appleは、年にiPodを発売し、音楽業界に革命をもたらしました。それまでのポータブル音楽プレーヤーは、一度に聴ける曲数が限られていましたが、iPodは曲以上を保存でき、iTunesと連携することで簡単に音楽を管理できるという新たな価値を提供しました。これにより、Appleは競争の激しい音楽プレーヤー市場から脱却し、新たな市場を創出しました[^^]。

サーカス・デ・ソレイユ

サーカス・デ・ソレイユは、伝統的なサーカスの枠を超えた新しいエンターテイメントを創出しました。動物を使わないパフォーマンス、ストーリーテリング、美しい音楽と衣装、そして高度な技術を組み合わせることで、サーカスをアートの領域に引き上げ、新たな顧客層を開拓しました[^^]。

ネスプレッソ

ネスプレッソは、高品質なエスプレッソを自宅で簡単に楽しむことができるという新たな価値を提供しました。専用のカプセルとマシンを使用することで、誰でも簡単に一杯のエスプレッソを抽出できるという独自の価値提案により、ネスプレッソは新たな市場を創出しました[^^]。

これらの事例からわかるように、ブルーオーシャン戦略は競争から脱却し、新たな価値を提供することで成功を収めることができます。しかし、そのためには従来の枠組みを超えた発想と、その発想を具現化するための実行力が必要となります。

[^^]: Kim, W. C., & Mauborgne, R. (). Blue ocean strategy: How to create uncontested market space and make the competition irrelevant. Harvard business press.

[^^]: Kim, W. C., & Mauborgne, R. (). Blue Ocean Strategy, Expanded Edition: How to Create Uncontested Market Space and Make the Competition Irrelevant. Harvard Business Review Press.

[^^]: Schmitt, B. (). Experience Marketing: Concepts, Frameworks and Consumer Insights. Foundations and Trends in Marketing, (), –

ブルーオーシャン戦略を成功させるためのポイント

ブルーオーシャン戦略を成功させるためには、以下の三つのポイントが重要となります。

顧客のニーズを理解する

ブルーオーシャン戦略の成功の鍵は、顧客のニーズを深く理解し、それに基づいた新たな価値を創造することです。これには、顧客の行動や意見を観察し、アンケートやインタビューを通じて直接的なフィードバックを得るなどの方法があります。例えば、AppleはiPodを開発する際、顧客が音楽をいつでもどこでも楽しみたいというニーズを捉え、それを満たす製品を開発しました。

独自の価値提案を作る

ブルーオーシャン戦略では、競争相手とは異なる独自の価値提案を作ることが求められます。これには、既存の製品やサービスに新たな機能を追加する、新たな価格設定を行う、新たな配送方法を提供するなどの方法があります。例えば、ネスプレッソは、高品質なコーヒーを自宅で簡単に楽しむことができるという独自の価値提案を作り出し、成功を収めました。

実行力を持つ

ブルーオーシャン戦略を成功させるためには、良いアイデアだけでなく、それを実現するための実行力も必要です。これには、計画を立て、リソースを適切に配分し、チームを効果的に管理する能力が求められます。例えば、サーカス・デ・ソレイユは、従来のサーカスの枠を超えた新たなエンターテイメントを創造するというアイデアを実現するために、優れた演出家やパフォーマーを集め、効果的なプロモーションを行うなどの実行力を発揮しました。

これらのポイントを押さえ、顧客のニーズを満たす独自の価値提案を実行力を持って実現することで、ブルーオーシャン戦略を成功させることが可能となります。

都内の中小企業でCTOを務めています。
Webサービス、アプリなどを開発して15年以上になります。
ここでは、現在運用しているサービスやアプリなどから得た知見をもとに、好き勝手に自分の見解を残していく予定です。

なお、ここでの発言はすべて個人の見解であり、所属組織とは関係ありません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  2. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  3. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  4. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  5. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

TOP