リターゲティング&リマーケティング成功法則: セグメント化とパーソナライズで売上アップ!実践事例付き

リターゲティングとリマーケティングは、どちらも顧客獲得や売上向上に役立つデジタルマーケティング手法ですが、その違いや成功法則を理解することが重要です。本記事では、リターゲティングとリマーケティングの違いを明確にし、それぞれの成功法則を紹介します。セグメント化やパーソナライズなどの戦略を駆使し、適切なタイミングでクリエイティブな広告を展開することで、効果的なリターゲティングとリマーケティングを実現できます。さらに、両者を組み合わせることで、より効果的なマーケティング戦略を構築することが可能です。成功事例を参考に、あなたのビジネスにも活用してみましょう。

リターゲティングとリマーケティングの違い

リターゲティングとリマーケティングは、どちらもオンライン広告の手法であり、顧客に再びアプローチすることを目的としています。しかし、それぞれの手法やアプローチ方法に違いがあります。ここでは、リターゲティングとリマーケティングの違いについて解説します。

リターゲティング

リターゲティングは、主にディスプレイ広告を用いた手法で、ユーザーが一度訪れたウェブサイトや閲覧した商品を再度広告として表示することで、ユーザーの関心を引き続き維持し、購入や問い合わせなどのコンバージョンにつなげることを目的としています。リターゲティングは、ユーザーの行動データ(Cookie)を利用して、訪問履歴や閲覧商品に基づいた広告を配信します。

リマーケティング

リマーケティングは、主にメールやSMSなどのダイレクトマーケティング手法を用いて、既存顧客や見込み顧客に対して、個別にカスタマイズされたコンテンツやオファーを提供することで、再度の購入や問い合わせなどのコンバージョンにつなげることを目的としています。リマーケティングは、顧客の属性データや購買履歴などの情報を活用して、パーソナライズされたメッセージを送信します。

リターゲティングとリマーケティングの違いをまとめると以下のようになります。

・リターゲティング:ディスプレイ広告を用いた手法、ユーザーの行動データ(Cookie)を利用

・リマーケティング:ダイレクトマーケティング手法を用いた手法、顧客の属性データや購買履歴などの情報を活用

両者の違いを理解した上で、適切な手法を選択し、効果的なマーケティング戦略を立てることが重要です。

リターゲティングの成功法則

リターゲティングは、訪問者がウェブサイトを離れた後も、彼らに関連する広告を表示し続けることで、再度訪問や購入を促す効果的なオンライン広告手法です。しかし、リターゲティングを成功させるためには、いくつかの法則を押さえる必要があります。以下では、リターゲティングの成功法則をつ紹介します。

– セグメント化

リターゲティングの効果を最大限に引き出すためには、訪問者を適切にセグメント化することが重要です。セグメント化とは、訪問者を特定の属性や行動に基づいてグループ分けすることです。例えば、商品ページを訪れた人、カートに商品を追加した人、購入まで進んだ人など、それぞれの行動に応じた広告を表示することで、効果的なリターゲティングが可能になります。

具体的なセグメント化の方法としては、以下のようなものがあります。

– 訪問回数や滞在時間に基づくセグメント化

– 訪問者の地域や言語に基づくセグメント化

– 訪問者のデバイスやブラウザに基づくセグメント化

– 訪問者の購入履歴や閲覧履歴に基づくセグメント化

– 適切なタイミング

リターゲティング広告の表示タイミングも重要な要素です。広告を表示する頻度や期間を適切に設定することで、訪問者に対する効果的なアプローチが可能になります。例えば、広告の表示頻度が高すぎると、訪問者に迷惑をかけることになり、逆効果になることもあります。また、広告の表示期間が長すぎると、訪問者の関心が薄れる可能性があります。

適切なタイミングを見極めるためには、以下のようなポイントを考慮してください。

– 広告の表示頻度を設定する際は、訪問者の反応やコンバージョン率をモニタリングし、最適な頻度を見つける

– 広告の表示期間は、商品やサービスの性質に応じて設定する(例:季節商品の場合は、その季節に合わせた期間で表示する)

– クリエイティブな広告

リターゲティング広告のクリエイティブも、成功の鍵となります。訪問者の注意を引き、興味を持たせるためには、魅力的なデザインやメッセージが必要です。また、広告のクリエイティブは、訪問者のセグメントに応じて変更することで、より効果的なリターゲティングが可能になります。

クリエイティブな広告を作成するためのポイントは以下の通りです。

– 訪問者の興味やニーズに応じたデザインやメッセージを考える

– セグメントに応じたカスタマイズされた広告を作成する

– A/Bテストを行い、最も効果的なクリエイティブを見つける

これらの成功法則を押さえることで、リターゲティング広告の効果を最大限に引き出すことができます。適切なセグメント化、タイミング、クリエイティブな広告を意識して、リターゲティング戦略を立てましょう。

リマーケティングの成功法則

リマーケティングは、顧客が一度訪れたウェブサイトやアプリに再度興味を持たせるための戦略です。リマーケティングを成功させるためには、以下のつの法則を実践することが重要です。

– パーソナライズ

リマーケティングの最も重要な要素は、パーソナライズです。顧客が興味を持っている商品やサービスに合わせた広告を表示することで、効果的なリマーケティングが可能になります。具体的には、以下のような方法があります。

訪問者の行動履歴に基づく広告:訪問者が閲覧した商品やカテゴリに基づいて、関連する広告を表示します。例えば、スポーツ用品のウェブサイトを訪れた顧客には、スポーツ用品の広告を表示します。

購入履歴に基づく広告:顧客の購入履歴に基づいて、関連する商品やサービスの広告を表示します。例えば、スマートフォンを購入した顧客には、スマートフォンのアクセサリーの広告を表示します。

顧客属性に基づく広告:顧客の年齢、性別、地域などの属性に基づいて、ターゲットに合った広告を表示します。例えば、代女性には、ファッションアイテムの広告を表示します。

– マルチチャネル戦略

リマーケティングは、ウェブサイトやアプリだけでなく、様々なチャネルで展開することが効果的です。以下のようなマルチチャネル戦略を取り入れましょう。

ソーシャルメディア:FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアでリマーケティング広告を表示し、顧客とのエンゲージメントを高めます。

メールマーケティング:顧客のメールアドレスを取得し、関心のある商品やサービスに関する情報を定期的に送信します。

プッシュ通知:アプリを利用している顧客に対して、関心のある商品やサービスに関するプッシュ通知を送信します。

– 継続的なテストと最適化

リマーケティングの効果を最大限に引き出すためには、継続的なテストと最適化が必要です。以下のような方法でテストと最適化を行いましょう。

A/Bテスト:異なる広告デザインやコピー、ターゲティング条件を比較し、最も効果的なものを見つけ出します。

コンバージョン率の分析:広告のクリック数やコンバージョン率を分析し、改善点を見つけ出します。

広告配信の最適化:広告の配信時間や頻度を調整し、顧客に適切なタイミングで広告を表示します。

リマーケティングの成功法則を実践することで、顧客の再訪問や購入確率を高めることができます。パーソナライズ、マルチチャネル戦略、継続的なテストと最適化を意識して、効果的なリマーケティングを展開しましょう。

リターゲティングとリマーケティングの組み合わせ

リターゲティングとリマーケティングは、それぞれ異なるアプローチを持っていますが、効果的なオンラインマーケティング戦略を構築するために、両方を組み合わせることが重要です。以下では、リターゲティングとリマーケティングを組み合わせることで得られる利点や具体的な方法について説明します。

より効果的なターゲティング

リターゲティングは、訪問者の行動に基づいて広告を表示するため、リマーケティングと組み合わせることで、より効果的なターゲティングが可能になります。例えば、リターゲティングで訪問者が見た商品を再度表示し、リマーケティングでその商品に関連する情報やオファーを提供することで、購買意欲を高めることができます。

マルチチャネル戦略の強化

リターゲティングは主にディスプレイ広告に焦点を当てていますが、リマーケティングはメールやSMSなどのマルチチャネル戦略を活用することができます。両方を組み合わせることで、顧客に対して一貫したメッセージを伝えることができ、ブランド認知度を向上させることができます。

顧客のライフサイクルに沿ったアプローチ

リターゲティングとリマーケティングを組み合わせることで、顧客のライフサイクルに沿ったアプローチが可能になります。例えば、リターゲティングで初回購入者をターゲットにし、リマーケティングでリピート購入者に特別なオファーやサービスを提供することで、顧客のエンゲージメントを高めることができます。

具体的な方法としては、以下のような手法があります。

a. リターゲティング広告で訪問者をサイトに誘導し、リマーケティングでメールマーケティングを活用してフォローアップする。

b. リターゲティングでカート放棄者をターゲットにし、リマーケティングでカート回復メールを送信する。

c. リターゲティングで特定の商品カテゴリを閲覧した訪問者をターゲットにし、リマーケティングで関連商品やプロモーション情報を提供する。

リターゲティングとリマーケティングを組み合わせることで、より効果的なオンラインマーケティング戦略を構築することができます。両方の手法を活用し、顧客のニーズに応じたアプローチを行うことで、コンバージョン率の向上やリピート購入の促進につながります。

成功事例

リターゲティングとリマーケティングの成功事例をつ紹介します。これらの事例は、上記で説明した成功法則を適用し、効果的な戦略を実行した結果、目標達成に成功したものです。

カルバン・クライン(リターゲティング)

カルバン・クラインは、リターゲティング広告を活用して、顧客の購買意欲を高めることに成功しました。彼らは以下の方法でリターゲティング広告を実施しました。

– セグメント化:顧客を興味・関心に基づいてセグメント化し、それぞれのセグメントに合わせた広告を表示しました。例えば、メンズウェアに興味を示した顧客にはメンズウェアの広告を、レディースウェアに興味を示した顧客にはレディースウェアの広告を表示しました。

– 適切なタイミング:顧客がサイトを離脱した後、すぐに広告を表示するのではなく、適切なタイミングで広告を表示しました。これにより、顧客が広告に飽きることなく、購買意欲を維持できました。

– クリエイティブな広告:広告デザインに工夫を凝らし、顧客の目を引くデザインを採用しました。また、広告には限定セールや割引情報を掲載し、購買意欲を高めました。

この結果、カルバン・クラインはリターゲティング広告により、コンバージョン率を%向上させることができました(出典:Criteo)。

ニューヨーク・タイムズ(リマーケティング)

ニューヨーク・タイムズは、リマーケティングを活用して、デジタルサブスクリプションの購入を促すことに成功しました。彼らは以下の方法でリマーケティングを実施しました。

– パーソナライズ:顧客の閲覧履歴や興味・関心に基づいて、パーソナライズされたコンテンツを提供しました。これにより、顧客にとって魅力的なコンテンツを提供することができました。

– マルチチャネル戦略:顧客が利用する様々なチャネル(メール、SNS、ウェブサイト)でリマーケティングを実施しました。これにより、顧客がどのチャネルであっても、ニューヨーク・タイムズのコンテンツに触れる機会を増やしました。

– 継続的なテストと最適化:リマーケティングの効果を測定し、継続的にテストと最適化を行いました。これにより、最も効果的なリマーケティング戦略を見つけ出すことができました。

この結果、ニューヨーク・タイムズはリマーケティングにより、デジタルサブスクリプションの購入率を%向上させることができました(出典:Optimizely)。

これらの成功事例から、リターゲティングとリマーケティングの成功法則を適用することで、効果的な戦略を実行し、目標達成に成功することができることがわかります。

都内の中小企業でCTOを務めています。
Webサービス、アプリなどを開発して15年以上になります。
ここでは、現在運用しているサービスやアプリなどから得た知見をもとに、好き勝手に自分の見解を残していく予定です。

なお、ここでの発言はすべて個人の見解であり、所属組織とは関係ありません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  2. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  3. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  4. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

  5. タイトル案: アンデファインドを克服!変数のスコープと関数定義のベストプラクティスでバグを防ぐ方法

TOP